ハシビロコウが出てくるオススメ作品3選!

DSCN6641

お久しぶりです、ハシビロコです。

前回の更新からかなり間が空いてしまいました……。
私生活が今までにないほど多忙で、動物園からも足が遠のいておりました。
ハシビロコウを愛でるために生きているというのにこれでは本末転倒じゃないか! と憤慨することもしばしば。

そんな毎日の中でもハシビロコウのことを考えることだけは忘れない。
動物園に行けないなら、家でハシビロコウに会えばいいじゃない。
実はハシビロコウの登場する作品は、意外とたくさんあるんです!

今回は私、ハシビロコおすすめの、ハシビロコウが出てくる3作品をご紹介します。


*目次
1. 『鬼灯の冷徹』(江口夏実)
2. 『椎名くんの鳥獣百科』(十月士也)
3. 『クラシカロイド』(サンライズ、NHK)


『鬼灯の冷徹』(江口夏実)

 

地獄を舞台とした、獄卒たちの日常を描いた作品。『モーニング』にて連載中のマンガです。テレビアニメ化もされ、現在は第2期が放送中です。
何を隠そう私がハシビロコウに惚れるきっかけとなった作品です。

地獄とハシビロコウなんてまったく関係なさそうですが、なんと連載序盤に登場しているんです。
3話目(コミックス第1巻に収録)の8ページ目に1コマだけ
ちなみにアニメでは1話目のBパートに1カットだけ登場します。

主人公の鬼灯は、現世を視察に行くとよく動物園に行っています。
中でも上野動物園のハシビロコウがお気に入り。あの距離感が好きなんだとか。
わかる。とてもよくわかる。

たった1コマ。されど1コマ。
初めて知ったハシビロコウという謎の生き物が気になってグーグル先生で調べてみた結果、惚れました。
あの鋭い視線。美しい羽。モデルのようなスラリとした立ち姿。
この世にこんなに素晴らしい生き物がいるのか、と感動しました。

写真では満足できず、もちろん実物に会いに行きました。
上野動物園のハシビロコウ。まるでアイドルに会いに行く気分でした。
上野動物園を含めた鬼灯の冷徹聖地巡礼の記事も書かせていただいたので、興味のある方はぜひこちらも読んでみてください。

【鬼灯の冷徹】の舞台=東京都上野周辺の聖地巡礼スポットとおすすめホテル3選!

ちなみにこの作品、キャラクター人気投票にハシビロコウがランクインしていました。
コミックスの限定版特典でハシビロコウの雑貨を出しているKOTORITACHIとコラボしてがまぐちが付いたことも。もちろん愛用しています。


『椎名くんの鳥獣百科』(十月士也)

 

大学で生物学を研究する椎名をはじめとする、個性豊かなキャラクター、動物たちが登場するマンガ作品。全10巻。
どのページからも、作者の十月先生の動物へのリスペクトと緻密な描写が伝わってきます。

ハシビロコウは3巻から登場します。登場シーンがとにかくかっこいい。
こんなにリアルで生き生きと描かれたハシビロコウが出てくるマンガを、私は他に知りません。
羽を広げた姿や飛ぶ姿はもちろん、魚を捕まえるシーンやクラッタリング(興奮したときにくちばしを鳴らす行動)も見放題です!

そしてこのマンガで特に気に入ったのが、主人公・椎名のハシビロコウへの接し方です。
長いものでは30年ほど生きることが確認されているハシビロコウ。20代の人間よりも年上であることも珍しくありません。
椎名は自分よりも年上のハシビロコウに対して敬意を払い、目線を合わせ、敬語で接しています。
すごく共感できる……! 椎名君とは友達になれる気がする。


『クラシカロイド』(サンライズ、NHK)

 

もしあの音楽家が現代によみがえったらこんな感じ? と思うようなアニメ作品。
話は基本的にはドタバタで「考えるな、感じろ!」という言葉がぴったり。
クラシック曲の現代的なアレンジも話題となり、子どもから大人まで一緒に楽しめる作品でした。

ここにも出てくるんです、ハシビロコウ。

個人的に子どもの中でハシビロコウの知名度が急上昇したのはこの作品の影響が大きいと思っています。

作品のメインとなる「音羽館」という下宿にはなぜかハシビロコウのハッシーが住んでいます。
主人公・歌苗の父親が拾ってきたという設定。いいのかそれ、ワシントン条約とかいろいろ引っかかるのでは、とかは考えたら負けです。

ハシビロコウの描写の仕方としてはツッコミどころ満載ですが(かかとの曲がる方向がたまに間違ってたり、怪鳥のような声で鳴いたり)、存在感は間違いなくピカイチです。
第1シリーズの19話目とかすごいです。色とりどりのハシビロコウを見ることができます。
あと第2シリーズの最終話もすごかった。ハシビロコウがイケメンすぎるのでぜひ見てほしいです……!

ちなみにクラシカロイドはハシビロコウだけでなく、ドイツ語も登場する作品。私が好きなハシビロコウ・ドイツ語・アニメが三拍子そろっている作品でもあります。
ドイツ語については以前記事を書かせていただいたので、よろしければご覧ください。

これであなたもムジーク発動?「クラシカロイド」に登場するドイツ語を徹底解説!(2018/8/24更新)


さて、ここまでハシビロコウの出てくるおすすめ作品を3つ挙げてきましたが、いかがだったでしょうか。
読んでみたい作品、見てみたい作品はありましたか?
もちろん他にもハシビロコウの出てくる作品はいくつもあります。
みなさんも自分のお気に入りのハシビロコウ作品を探してみてくださいね!


ランキング参加中!よろしければクリックお願いします↓
にほんブログ村 その他趣味ブログへ にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ にほんブログ村 鳥ブログへ にほんブログ村 鳥ブログ その他珍しい鳥へ にほんブログ村 鳥ブログ 鳥情報へ

ハシビロコウが出てくるオススメ作品3選!” への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中